2015年7月27日

アイ・モバイル株式会社

アイ・モバイル
4億3500万円の資金調達
TKC等に、第3者割当増資

企業ホームページ作成1万件を基に
法人向け・個人向け事業をさらに拡大
上場を目指して新たなステージへ
http://www.imobile.co.jp/

中小企業約1万社のホームページ制作・運用を提供するアイ・モバイル株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:デービット・リーブレック)は、株式会社TKC(所在地:栃木県宇都宮市、代表取締役:角一幸)や役員、従業員等に対し第三者割当増資を実施し、7月末に4億3500万円を調達することになりました。 6月末には、アイ・モバイルで7年間取締役を務めた飯塚真玄(TKC会長)の任期満了に伴い、新取締役に伊藤義久(TKC取締役)が、就任しました。

【背景】アイ・モバイルは、2000年に創業されたITベンチャー企業です。2004年にTKCと提携を開始後、TKC会員事務所に税理士用のホームページを提供しています。また税理士事務所を通じて中小企業向けにホームページサービス「SmartPage(スマートページ)」も販売しております。2015年6月には、当社初となる一般消費者向けホームページ作成サービス「WePage(ウィーページ)」を開始し、日本のみならず海外での利用を促進させ、2016年末までに全世界で300万人の利用者獲得を目標としています。TKCは、アイ・モバイルのこれまでの実績を評価するとともに、今後の成長に期待して、さらに支援を進めるために、増資の割当先になることを決定しました。

調達した資金は、約半分を「SmartPage」のデザインやユーザビリティの強化、大手企業向けに必要な機能の開発等に使います。大手企業の場合、ホームページ公開までの承認プロセスが複雑になりますが、それに対応させ、公開情報の予約機能、上司の承認機能等を付加します。また、SmartPageのAPIを公開して、他社の写真、デザイン、予約機能、カレンダー、在庫管理、ショッピングカート商品管理機能などと連動させます。

次に残りの約半分を「WePage」の日本と海外でのサポート拡大に使います。海外はアメリカを中心としつつ、インド・フィリピン・シンガポールなど英語圏のアジアの国、およびインドネシアのような英語が第二の言語の国も対象です。今年中に、アメリカに支店を開設します。

【 内容 】
調達額: 4億3500万円(資本金・準備金含む)
資本金: 2億6200万円(以前は4500万円)
株主: アイ・モバイル役員・TKC・従業員 ほか


プレスリリースに関するお問い合わせ

担当 :アイ・モバイル株式会社 マーケティング広報 西山
メール: marketing-pr@imobile.co.jp 電話 : 03-6743-7711 (代表)


What's New TOPへ